尻屋埼灯台

レンガ造りの白亜の灯台

歴史的にも文化的にも貴重な灯台で、明治9年(1876年)の初点灯から船の安全を見守り続けています。レンガ造りの灯台としては日本一の高さで、参観灯台(一般公開)も行われていいます。本州最果ての地の海抜約45mからせり出した展望台はまるで360℃の空中回廊。2つの海が交わる様子や下北ジオパークの山並み、遠く北海道を望むこともでき、ここでしか見られない絶景が広がります。
初夏には濃霧がかかることも多い尻屋埼灯台ですが、それゆえに、日本で初めて霧鐘や霧笛といった音で海の安全を守る設備が設置された理由を体感できる灯台でもあります。

尻屋埼灯台


所在地
〒035-0111東通村
GoogleMAPで見るarrow_forward
電話番号
0175-47-2889((公社)燈光会尻屋埼支所)
営業時間
4月下旬~4月30日 9:00~15:00  5月1日~11月上旬 9:00~16:00
keyboard_arrow_left一覧へ戻る

その他の観光スポットを探すSPOT