十南藩上陸の地

十南藩上陸の地

会津から新しい藩庁が置かれた田名部を目指し、新潟港から新政府借り上げのアメリカ蒸気船ヤンシー号に乗り、日本海回りに海路をとって移住してきた藩士とその家族の一団1,800名が明治3年6月10日に大平浦(現 大湊新町)に上陸しました。斗南藩移住の経路を後世に伝えるため平成2年に建てられた記念碑は、会津鶴ヶ城の石垣と同じ物が使われ、会津若松市を望む方向に設置されています。碑文の揮ごうは会津松平家13代当主松平保定氏によるものです。

十南藩上陸の地


所在地
〒035-0084 むつ市大湊新町8-4
GoogleMAPで見るarrow_forward
keyboard_arrow_left一覧へ戻る

その他の観光スポットを探すSPOT